ホーム業務に役立つ不動産専門書の斡旋

不動産専門書の斡旋

仕事に役立つ書籍が、特別価格で購入できます

※注文書ダウンロードを行うには、組合員ログインが必要です。

ログインはこちら »

住宅新報社定価の10%引+送料無料

注文書ダウンロード
新人不動産営業マンが最初に読む本

新人不動産営業マンが最初に読む本

定価 1,620円→ 特別価格 1,458円(税・送料込)
不動産会社へ入社して間もない新人営業マンにおくる、媒介業務の入門書。時系列に沿って「客付業務」「元付業務」「条件交渉から残金決済までの業務」の3ブロックに分け、その時々に行うべき業務や、法令上のルールなどを解説する。

Q&A 地代・家賃と借地借家

Q&A 地代・家賃と借地借家

定価 2,484円→ 特別価格 2,236円(税・送料込)
本書の執筆陣は、弁護士・税理士・不動産鑑定士などの第一線で活躍している実務家揃い。借地借家の地代・家賃に関連する最新の問題点を、分かりやすく解説しているので実務で大いに役立つ1冊です。

借家の立退きQ&A74

借家の立退きQ&A74

定価 1,728円→ 特別価格 1,555円(税・送料込)
30年に200件以上の借家・借地の明渡しを完了させた弁護士が、最高裁判例36例&平成元年以降の下級審判決189例を徹底分析! 借家の明渡しを円満に解決させるためのポイントをわかりやすく解説しています。

建物賃貸借トラブルの実例と解決改訂版

建物賃貸借トラブルの実例と解決改訂版

定価 1,944円→ 特別価格 1,750円(税・送料込)
入居申込みから入居期間中、そして退去・敷金精算に至るまでの一連の不動産賃貸業務において、よく発生するトラブルの事例をマンガを交えて具体的に紹介し、その解決方法をわかりやすく解説している。

ゼンリン定価の5~15%引

ゼンリン住宅地図

ゼンリン住宅地図

基本になるデータは全て調査員が実際に現地を歩いて収集。都市部はほぼ毎年、その他の地区でも 2・3 年に一度、現地調査。最新のデータで改訂・発行。
全国 1741 市区町村の中の 1731 市区町村を地区別に編集して発行<2015年8月31日現在(区は東京 23区特別区)。B4判
価格については注文書をご覧ください


注文書ダウンロード
DIGITOWN(デジタウン)

DIGITOWN(デジタウン)

広域地図から住宅地図まで自由自在にズーミング。見たいポイントをスムーズスクロールで中心点へ。住所や事業所名・公共施設名などからポイント検索が可能です。
マーク・書き込み編集機能で業務をサポート。ゼンリン住宅地図の索引図情報を収録。詳細な住宅地図をカンタン印刷できます。データは CD-ROM に格納されています。
価格については注文書をご覧ください

注文書ダウンロード
ブルーマップ 住居表示地番対照住宅地図

ブルーマップ 住居表示地番対照住宅地図

ゼンリン住宅地図」に法務局(登記所)備え付けの「公図」および都市計画情報を重ね合わせました。
住宅地図の上に、公図に基づく公図界、公図番号、地番をブルーで記入。B4判
価格については注文書をご覧ください

注文書ダウンロード

きんざい定価の10%引+送料無料

注文書ダウンロード
Q&A サービス付き高齢者向け住宅のすべて

Q&A サービス付き高齢者向け住宅のすべて

定価3,024円 → 特別価格2,720円(税・送料込)
A5判 吉田修平法律事務所 編著
平成23年10月施行の高齢者住まい法について、終身借家権・改正内容・入居契約・行政の監督等を「入居契約書」参考契約の立案者が解説。高齢者の居住の安定確保に関する法律、厚労省令・国交省令第2号付き。

不動産取引相談ハンドブック

不動産取引相談ハンドブック

定価2,376円 → 特別価格2,130円(税・送料込)
A5判 西垣義明・吉田修平・山下清兵衛 編著
売買・賃貸借・マンション・税金ごとに、基礎から最近の判例(敷引契約や更新料の有効性をめぐる最高裁判決など)までを分析。「貸室内で自殺があった場合の告知義務」「ペット禁止条項と原状回復義務の範囲」「CO中毒死と損害賠償責任」など具体的なケースを解説。

Q&A震災と建物賃貸借

Q&A震災と建物賃貸借

定価1,728円 → 特別価格1,550円(税・送料込)
A5判 吉田修平法律事務所 編著
借地関係を含めサブリース関係に震災の与える影響を、オーナーが倒産した場合、サブリース業者が倒産した場合、テナントが倒産した場合に分け借地借家問題の専門法律事務所が詳説。

新日本法規出版

注文書ダウンロード
新日本法規合意書・示談書・協定書等モデル文例集

Q&A不動産競売の実務

編集/不動産競売実務研究会 編集代表/佐藤歳二、井上稔
定価12,960円 → 特別価格11,664円(税込)
送料:610円
全2巻 ケース付
●不動産競売について、法制度の解説はもちろん、手続の具体的な進め方などや実務上のポイントを解説した実務参考書です。また、競売実務で問題となる執行妨害対策についても、最新の裁判例などを織り込み、詳しく解説してありますので、不動産競売に携わる実務家には最適な内容です。
●各設問は、Q&A方式により、具体的なケースを設定したうえ、図表などを交えてわかりやすく解説するとともに、手続に必要な書式には記載例を入れてあります。

新日本法規合意書・示談書・協定書等モデル文例集

建物賃貸管理マニュアル CD付

編集/建物賃貸管理実務研究会 代表/清水 敦(弁護士)
定価12,420円 → 特別価格11,178円(税込)
送料:830円
全2巻 ケース付
★物件調査・契約から管理・退去まで、一連の業務にもれなく対応!
●業務の流れに沿って確認事項がわかる!賃貸住宅や商業ビル等の管理にあたって確認・注意すべき事項をわかりやすく解説。不動産業者や物件オーナー等、建物賃貸に携わる方々に広くご利用いただけます。
●豊富な文例・書式例!各種契約書や重要事項説明書、通知書、帳票類など、多数の文例・書式を記載例入りで登載。文例を収録したCD-ROMが添付されており、必要な文書をすばやく作成できます。

新日本法規新版 資産税 MEMO

Q&A不動産取引トラブル解決の手引

編集/不動産紛争事例研究会 代表/菊地裕太郎(弁護士)
定価11,880円 → 特別価格10,692円(税込)
送料:830円
全2巻 ケース付
●調査、広告、仲介、売買、賃貸借、賃貸管理に関するトラブルなど、不動産業者が直面するさまざまなトラブルについて、具体的な事例を幅広く登載してあります。
●不動産業者の立場から、不動産取引および日常業務に関するトラブルの対処方法や解決のためのアドバイスを、Q&Aでわかりやすく解説してあります。

日本加除出版定価の10%引+送料無料

注文書ダウンロード
第2版 事例解説 不動産をめぐる税金

第2版 事例解説 不動産をめぐる税金
不動産の取得/相続・贈与/保有・賃貸/譲渡

定価4,968円 → 特別価格4,470円(税・送料込)
実務に即して活用できる! さまざまな場面を想定した189のQ&Aを収録

新・マンション管理の実務と法律

新・マンション管理の実務と法律
高齢化、老朽化、耐震改修、建替えなんて怖くない!

定価3,024円 → 特別価格2,720円(税・送料込)
工学・法学知識、トラブル予防・解決法をこの一冊に網羅!

実務裁判例 借地借家契約における各種特約の効力

実務裁判例 借地借家契約における各種特約の効力

定価2,808円 → 特別価格2,530円(税・送料込)
解決の可能性を見出す421裁判例を網羅!

事例解説 不動産をめぐる税金 不動産の取得/相続・贈与/保有・賃貸/譲渡

Q&A 借地借家の法律と実務 第2版

定価3,780円 → 特別価格3,400円(税・送料込)
入門書かつ実務手引書として好評!最近の問題を多く取り上げた59問を収録

不動産取引とリスクマネジメント

不動産取引とリスクマネジメント

定価3,564円 → 特別価格3,210円(税・送料込)
リスクを防止し、被害を最小限に抑える!
土地・建物の取引リスクを網羅的に整理・分析

大成出版社定価の10%引き

注文書ダウンロード
Q&A要綱に基づく 民法(債権法)改正が不動産取引に与える影響

Q&A要綱に基づく 民法(債権法)改正が不動産取引に与える影響

定価1,620円(税込) → 特別価格1,458円(税込)
A4判 編著//深沢綜合法律事務所 編集責任//柴田龍太郎
今回の改正は債権法に関するものです。
不動産取引に絞り込んでわかりやすく解説!
平成27年2月24日に公表された民法(債権法)改正に関す要綱に基づき、改正の あらましや基本理念、同改正が不動産取引に与える影響について解説します。

建物賃貸借 建物賃貸借の法律と判例

建物賃貸借 建物賃貸借の法律と判例

定価9,720円(税込) → 特別価格8,748円(税込)
A5判 著//弁護士 渡辺 晋
○実務における専門家の利用を目的として、法的な問題点を網羅的に分析検討!
○公表された裁判例を、最新のものまで分析検討!
○法律構成にそって整理し、分析検討!

不動産証券化ビジネスにおける新しい不動産特定共同事業法の実務対応

不動産証券化ビジネスにおける新しい不動産特定共同事業法の実務対応

定価3,888円(税込) → 特別価格1,458円(税込)
A5判 編著//弁護士 田村幸太郎
改正不動産特定共同事業法の施行(平成25年12月施行)にともない「専ら会社」による不動産特定共同事業の仕組み(「倒産隔離型不動産特定共同事業」)について実務的観点から解説した関係者待望の書!

自然災害・土壌汚染等と不動産取引ー現代型リスクをめぐる判例ー

自然災害・土壌汚染等と不動産取引ー現代型リスクをめぐる判例ー

定価4,536円(税込) → 特別価格4,082円(税込)
A5判 著//弁護士 升田 純
不動産取引上問題(土地等に関する瑕疵、虚像の告知・説明、説明義務違反、公序良俗等)となる自然災害(大地震等による液状化、地盤沈下など)や土壌汚染といった現代型リスクについて概観するとともに、関連する判例を分析・検討し、実務的な観点からの対応を検討した関係者待望の書!

賃貸住宅管理の法的課題2-迷惑行為・自殺・サブリース-

定価3,888円(税込) → 特別価格3,499円(税込)
A5判 著//太田秀也
賃貸住宅管理に携わる方々必携の1冊!賃貸住宅においてトラブルの多い「迷惑行為」「自殺」「サブリース」について、最近の裁判例、学説、実務を踏まえ、具体的な見解・対応を示した最新版!

改訂版不動産取引における瑕疵担保責任と説明義務-売主、賃貸人および仲介業者の責任-

改訂版不動産取引における瑕疵担保責任と説明義務
-売主、賃貸人および仲介業者の責任-

定価8,208円(税込) → 特別価格7,387円(税込)
A5判 著//渡辺 晋
瑕疵担保責任と説明義務を中心に、不動産取引における売主、賃貸人および仲介業者の責任について、詳細に論じた解説書!公表された裁判例を最新のものまでを分析検討!

ぎょうせい定価の10%引き+2部以上で送料サービス

注文書ダウンロード
消費税アップでも損をしない住宅の買い方・選び方 <新築住宅編>

消費税アップでも損をしない
住宅の買い方・選び方
<新築住宅編>

定価1,296円(税込・送料215円)→ 1,166円(税込・送料215円)
A5判 住宅取得制度研究会/編集
本制度の設計者による、「すまい給付金制度」と「住宅ローン減税」を活用した年収別資金シミュレーションを収録。 新築住宅をいつ購入すれば損をしないか、詳細に解説します。

消費税アップでも損をしない住宅の買い方・選び方 <中古住宅編>

消費税アップでも損をしない
住宅の買い方・選び方
<中古住宅編>

定価1,296円(税込・送料215円)→ 1,166円(税込・送料215円)
A5判 住宅取得制度研究会/編集
本制度の設計者による、「すまい給付金制度」と「住宅ローン減税」を活用した年収別資金シミュレーションを収録。中古住宅をいつ購入すれば損をしないか、詳細に解説します。

土地収用法の解説と運用Q&A 改訂版

土地収用法の解説と運用Q&A 改訂版

定価5,400円(税込・送料360円)→ 4,860円(税込・送料360円)
A5判 土地収用法令研究会/編
公共事業の運用に必要不可欠な「土地収用法」ついて、実例を基にしたQ&A方式でわかりやすく解説した1冊です。日常業務から非常時の手続きまで、「こんなときどうする?」の疑問はこれ1冊で解決です。

相続税増税対応 事例で理解する! 小規模宅地特例の活用

相続税増税対応
事例で理解する!
小規模宅地特例の活用

定価3,240円(税込・送料300円)→ 2,916円(税込・送料300円)
A5判 著//高橋安志
平成27年1月からの増税後に発生する相続に完全対応し、小規模宅地特例の適用判定を約180のケースで具体的に解説しました。相続税増税により大幅に増える「小規模宅地特例」の適用判定がわかる決定版です。

平成27基準年度対応版 固定資産税土地評価の実務ポイント

平成27基準年度対応版
固定資産税土地評価の実務ポイント

定価3,240円(税込・送料300円) → 2,916円(税込・送料300円)
A5判 一般財団法人 日本不動産研究所 固定資産税評価研究会/編著
平成27基準年度評価替えに向けた総務省からの留意事項通知等を織り込んだ最新版です。難解な固定資産税土地評価替えの実務ポイントや留意点をわかりやすく解説しました。広大地や土壌汚染地、土砂災害警戒区域等にある土地などの評価についても詳解。

公共用地取得に係る土地評価の実務Q&A

公共用地取得に係る土地評価の実務Q&A

定価5,657円(税込・送料350円)→ 5,091円(税込・送料350円)
A5判 阿部祐一郎、山本一清/編著
自治体が公共用の土地を取得する際に必要となる基礎的知識から、実務上の作業内容までをQ&Aでわかりやすく解説しました。 豊富な図表と詳しい解説で、土地評価の実務ポイントがよくわかります。

難解事例から探る 財産評価のキーポイント

難解事例から探る 財産評価のキーポイント

定価6,171円(税込・送料460円)→ 5,554円(税込・送料460円)
B5判 著//笹岡宏保
本書では、土地の評価について争われた裁決事例、しかも特に難解な32事例を題材に、その内容を詳細に分析、土地評価のエッセンスを抽出していきます。